体の不調は
医師の治療を受けて治そう

ピックアップ

症状

言語障害の1つとして考えられている症状に吃音があります。これはいわゆるどもりといわれる症状であり、原因や症状は人によってまったく違います。一時的なこともあれば大人になっても改善できないようなこともあるのです。

詳しく読む

原因

吃音になってしまう原因とはどこにあるのかというと、元々からの特徴である場合もありますが後天的にストレスや精神的な疾患の影響でこれにかかってしまうような人もおります。原因は人によってまったく違うのです。

詳しく読む

種類

同じように見える吃音の症状にも特徴があります。そしてその吃音のタイプによって最適な治療方法が違います。簡単に治療できる病気ではありませんが、積極的に取り組んでいけば必ず克服できる病気です。

詳しく読む

コンテンツ

治療方法

中々治療が難しい病気でもある吃音ですが、その人にあった対処方法や治療方針によって症状を改善することは可能です。中にはストレスやトラウマなどが原因で吃音症にかかっている人もいます。

詳しく読む

環境

吃音は精神的な面に大きく関係する病気ですから、単純に決められた治療方針を守っているだけでは状態が改善しないことも多々あります。治療をするにあたって万全な環境を調えることも必要です。

詳しく読む

会話能力

普通に会話をしていても、まれに頭ではわかっているのに上手に口から言葉が出てこないことがあります。いわゆる噛んだという状態になり、上手に思ったことを発言できないこともあります。これらは稀に起こることであって誰しもが経験したことがある何気ない問題ですが、実はこの症状が常につきまとっている人がいます。
頭ではしっかりと言葉になっているのに、口を開くとどうしてもその形になってくれない、本人は話せているつもりなのに言葉が続かない、流暢に出ない、そんな症状を吃音といいます。いわゆるどもりという症状であり、円滑に会話ができない言葉が続かないという症状です、
これは発達障害や知的障害から起こっていることもありますが、中には全くそれらの問題を抱えていないのにもかかわらず、正常な発音ができないようなこともあります。中には学習障害やADDなどと診断している人もおりますが、子供はもちろん良い年齢の大人まで吃音にかかる人はいるのです。
最近では吃音やどもりという言葉は差別的だとして利用されることが内容になっています。そもそも、それらの症状を抱えている人のこと自体を意識せず、知らずに生活している人が増えつつあります。吃音という問題を隠すことにより、その病気を抱えている人達にとってはますます生きづらい世の中になってしまっているのです。
言葉に詰まってしまうからといって、上手く考えがまとまっていないというわけでもなく、会話ができないわけでもありません。単純に口から流暢に言葉が出ないだけで、ゆっくり落ち着いて話せば普通に会話ができるような人もいます。
しかし、全員が全員そうではありません。家や独り言であれば普通に話せるのに、外出先や会社や友人の前ではさっぱり離せなくなってしまうような人もいれば、どんな環境でもゆっくりと話せば普通に話せるという人もおります。症状の出方が人それぞれであるように、それに対しての対策も人それぞれで違います。ですから、吃音だからといってひとくくりにするのではなく、しっかりと個人個人を見た上で対応を考える必要があります。
この病気は決して珍しいものでもありませんし、治療ができない病気でもありません。難しいこともあるとは思いますが、しっかりと対策をすることで普通に会話を楽しんでいけるようになるのです。